2019年08月21日更新

リアップやジェネリック品によるヘアケア

数多く存在する発毛剤の中でも効果に期待がされているのがリアップです。
リアップが支持される大きな理由となっているのが配合成分であるミノキシジルの存在です。

ミノキシジルは医学界からも発毛効果があると認められ、そして薄毛治療への推奨度もAランク判定です。
つまり現在、最も発毛効果が高い成分とされており、ミノキシジルを配合しているリアップはヘアケアに最適と言えます。

薄毛に悩んでいる方からすれば魅力的な存在ですが、ただ、ヘアケアはずっと行い続ける必要があります。
使用を止めてしまうとまた薄毛になるとも言われていますので、生やすまではもちろん、生えた後も使い続ける必要があるのです。
ですからコストが掛かってしまいますし、ヘアケアにコストが掛かるのは厳しいと考えている方は少なくないはずです。

そこで活躍するのがジェネリック品です。
ジェネリック品は先発医薬品の後発として登場した医薬品ですが、有効成分をそのままに、研究費用などが掛かっていない分、価格が安くなっているのです。
商品にもよりますが、リアップと比較してみると半額以下で購入できるような物もありますので、大幅なコストダウンをはかる事ができます。

ただ、ジェネリック品は通常、個人輸入でしか購入する事ができません。
リアップの場合は薬局でも簡単に手に入れる事ができますが、ジェネリック品は市販されていませんので、薬局で買う事もできないのです。
ですから輸入の代行サイトを利用するなどして購入する必要があります。

また、ジェネリック品は完全に先発医薬品と同じ成分という訳ではない事も知っておく事が大切です。
添加物には違いが見られる事がありますし、それによって作用が違ってくる事もありますので、そういった相違点を知った上で利用するようにしましょう。